梅雨真っ只中で、ムシムシと暑くじっとしていても汗がでる季節になりました。

雨上りの合間を見ながら、あしび園では、6月~9月はずっと

砂・泥んこ・水あそびを親子でダイナミックに楽しんでいます。

「泥んこ遊びなんてやったことな~い」

「裸足なんて久しぶり!!」

と言いながら、裸足になって外に出ているお母さんも沢山います。

それぞれに遊びのコーナーを作りながら遊び始めます。

泥んこ遊び加工済

 

 泥んこ3

 

 

 

 

 

 

 

泥んこ 遊びMコーナー

 水のタンクから水を運んだり、樋に水や泥を流して遊びます。

お母さんが泥だんごを作ってくれると、それを樋に流してみたり、

お母さん方も一緒に遊びを盛り上げて下さいます。

 “汚れるのがイヤ”、“大勢の中で遊ぶのはイヤだな~”という子もいますが、

ゆっくり時間をかけながら楽しさをつくっていきます。

泥んこ4jpg

 離れた所・きれいな水で遊んだり、みんながいなくなってから水たまりに入って

遊ぶなど、まず、安心して過ごせ、遊びにも興味を向けてくれるようになると

いいなという思いで、ゆっくりと楽しめる遊びを探します。

 楽しくなってくると、水たまりの中を走りまわったり、ジャンプしたり、

的をめがけて泥だんごを投げてみたりと、どろどろになって遊びます。

dorodoro

「ワー!!」「キャー!!」という歓声!(特に大人の)お母さんや先生たちが

楽しく遊んでいるので、子どもたちにも“もっとやりたい”“もう一回”と繰り返して

遊びたくなるような楽しさがあふれてきます。泥あそび ジャンプ

 遊びの終わりがなかなか作りにくい子どもたちも多いので、

「あめだよ~」

と言って、ホースでシャワートンネルを始めます。

終わりを分かりやすく、そして、楽しみながら終われるように、

毎回雨を降らせています。

 身体をきれいに洗う子どもたちは、

“今日の泥んこ遊び楽しかった”

と伝わってくるような、子どもたちの満足そうな笑顔に溢れています。

お母さん方も、きっと楽しかった?はずですよね。

次回も楽しみ!!