新着情報カテゴリー

職員新規採用・求人案内

Download (PDF, 131KB)

プール遊び

    この度の豪雨で被災された方々には、心より御見舞申し上げます。

豪雨が続き、その後はどうなるのかと思われる程の猛暑が続き、

そして、予測できない台風と、異常気象に驚かされる事ばかりですね。

 

  あしび園では、プール遊びを始めています。

前年度まで使っていたプールが傷んできたため、

今年からリニューアルしました。

   プール全景

 プールも少し大きくなり、高さも深くなりました。

お母さんが一緒に入ってもらっても、少しだけ余裕があります。

すべり台も、プールの中に入っても大丈夫になりました。

すべりだい

  水の量は少なめですが、冷たい水の心地よさに、子どもたちの

喜びの声が響きわたっています。

 すべり台は、短いけれどスピード感もあり、少々怖い子もいますが

子どもたちの大好きな遊びのひとつです。

何といっても、滑った所にはお母さんが居てくれて、

ユラユラしてくれるのです。

ゆらゆら

待つのが苦手な子も、やりたいからこそ順番を待っていますよ!

  宝物さがし、きらきら光るビーズを探します。

宝さがし ワニ

ワニになって、手にいっぱいビーズを持ちながら探す子どもたちの目は、

本当にいいものさがしの目ですね!

お母さんも一緒になって「あったね~」と共感の声かけで、

さらに嬉しさ倍増です。

宝さがし あった!

 あしび園のプールは、そうは言っても狭いですので、

3グループそれぞれに分かれて入ります。

プール遊びと併行して、2階でのサーキット遊びもあります。

サーキット

ちょっとハードですが、体をしっかり動かしたり、

お母さんとの楽しい時間を過ごしています。

バイキンマンジャンプや、坂道の所からオオカミが出てくる遊びが

盛り上がっていますよ。

泥んこ遊び

梅雨真っ只中で、ムシムシと暑くじっとしていても汗がでる季節になりました。

雨上りの合間を見ながら、あしび園では、6月~9月はずっと

砂・泥んこ・水あそびを親子でダイナミックに楽しんでいます。

「泥んこ遊びなんてやったことな~い」

「裸足なんて久しぶり!!」

と言いながら、裸足になって外に出ているお母さんも沢山います。

それぞれに遊びのコーナーを作りながら遊び始めます。

泥んこ遊び加工済

 

 泥んこ3

 

 

 

 

 

 

 

泥んこ 遊びMコーナー

 水のタンクから水を運んだり、樋に水や泥を流して遊びます。

お母さんが泥だんごを作ってくれると、それを樋に流してみたり、

お母さん方も一緒に遊びを盛り上げて下さいます。

 “汚れるのがイヤ”、“大勢の中で遊ぶのはイヤだな~”という子もいますが、

ゆっくり時間をかけながら楽しさをつくっていきます。

泥んこ4jpg

 離れた所・きれいな水で遊んだり、みんながいなくなってから水たまりに入って

遊ぶなど、まず、安心して過ごせ、遊びにも興味を向けてくれるようになると

いいなという思いで、ゆっくりと楽しめる遊びを探します。

 楽しくなってくると、水たまりの中を走りまわったり、ジャンプしたり、

的をめがけて泥だんごを投げてみたりと、どろどろになって遊びます。

dorodoro

「ワー!!」「キャー!!」という歓声!(特に大人の)お母さんや先生たちが

楽しく遊んでいるので、子どもたちにも“もっとやりたい”“もう一回”と繰り返して

遊びたくなるような楽しさがあふれてきます。泥あそび ジャンプ

 遊びの終わりがなかなか作りにくい子どもたちも多いので、

「あめだよ~」

と言って、ホースでシャワートンネルを始めます。

終わりを分かりやすく、そして、楽しみながら終われるように、

毎回雨を降らせています。

 身体をきれいに洗う子どもたちは、

“今日の泥んこ遊び楽しかった”

と伝わってくるような、子どもたちの満足そうな笑顔に溢れています。

お母さん方も、きっと楽しかった?はずですよね。

次回も楽しみ!!

 

 

託児ボランティア

 託児に来て下さっているボランティアの方々、本当にいつもありがとうございます!!

 託児の方々のおかげで、“兄弟児と一緒に来ないと通えない”という方々も通えるようになっています。 1時間半の間、地域の方々や卒園されたお母さん方を中心に、兄弟児の子を見てもらっています。
沢山の兄弟児がいる時も、ボランティアさんは優しい笑顔で子どもたちに接して下さり、とても感謝しています。
 ボランティアさんのおかげで、お母さん方もその間は1対1で子どもと向き合え、充実した時間が過ごせるようです。

 

たくじ

 

たくじ

曜日によっては、ボランティアさんがおられない日も多くなっています。明るく子ども好きの方、引き続きあしび園の託児ボランティア大募集中です!!

 

園外活動

いつものあしび園ではなく、園外でいつものお友だちとお母さんと先生と一緒にあそびました。グループによって行先も違いましたが、楽しい時間が過ごせました。

 

ふくやまじょう

 

びじゅつかん

<福山城> 
公共交通機関を使っての園外活動。今日は、まわろーずに乗って行きました。バスから降りる時は、ちょっとドキドキしたけど、ポシエットに持ってきたお金を1人ずつ払いました。

 福山駅に着いてからは、公園で遊んだあとお買いものごっこもしました。その後、美術館あたりを散策して帰りました。一人の子が、「何か聞こえるよー」と言うと、みんな集まってきて興味津々でした。素敵なメロディーをみんなで共有し合いました。

 

ふぁみりーぱーく

<ファミリーパーク>
 鹿に餌をあげました。鹿が近づくと怖いけど見てみたい気持ちがいっぱいで、お母さんの陰から覗いていました。お母さんや友だちが餌をあげているのを見ながら、そーっと真似をしていました。自分で餌をあげられた時は、何とも言えない笑顔でしたね。

 

保護者研修会

保護者の話

 

保護者の話

 

 

あしび園では、卒園されたお母さん方に、これまでの子育てを振り返ってお話しして頂く機会を作っています。

今年度も9月12、14、15日の3日間、3人のお母さん方にお話しして頂きました。

我が子のしんどさを受け入れるまでの思い、生まれてこれまでのお母さんの気持ちのゆれ、又、兄弟児のこと、療育ってなんだろう…など、涙あり笑いありで語って下さいました。

どのお母さんも、これまでとってもしんどかったけど(特にあしびの時代は)子どもの事や、自分の思いを分かってくれる人との出会いのなかで、少しずつ気持ちが楽になり、子どもの行動のわけがわかってき、関わり方が変わることで子どもも変わって可愛くなってきたと話されていました。聞かれていたお母さんも一緒に涙しながら、うなずいておられました。きっと少しだけ心が軽くなり前向きな気持ちになれたのではないかなと思います。

あしび園での時間は、しんどい事の方が多かったけれど、この時間があったから少しずつ子どものことが分かってき、今の自分と子どもがいるという話も聞かせてもらいました。

自分一人で悩まず気軽に話せる場所それがあしび園。

子どもと向きあってすごせる場所それもあしび園。

3人のお母さん方本当にありがとうございました。

お楽しみ会 かき氷

 暑い夏、お母さんと一緒で楽しかったプールも終わりました。
今日は、2回目のお楽しみ会でかき氷を食べました。
2回目とあって、子どもたちも見通しがついている子も多かった様に思います。

かき氷コップ

「どれがいいですか?」「どれにしようかな?」「はい、チケット」
先生とのやり取りの中で、どれがいいか迷いながら決めました。

 

どれにしようかな?

 「おかわり下さい!」「はい!どおぞ!」
いっぱい食べて、満足、満足…
おかげで弁当は食べきれなかったけどね~

 

お願いします!

 

プール遊び

 

プール遊び

プール遊び

プール遊び

 

 7月11日プール開きをしました。
おもちゃで遊んだり、魚や貝を拾ったり、最後はすべり台。
滑った後は、お母さんがゆらゆら揺らしてくれて、子ども達は大満足です。
お母さんもプールに一緒に入って楽しんでいます。

泥んこ遊び

 

どろんこ遊び

6月から始まった泥んこ遊び。
約一か月半お母さんと一緒に遊びます。
水たまりの中へ、お母さんが作ってくれた泥だんごを投げたり、
水をくんできてはトイに水を流し、べちゃべちゃになって遊びました。
大勢の人や汚れるのが苦手な子も、少し離れた所から、少しずつ楽しさを作っていきました。

 

ホームページをオープンしました。

ホームページをオープンしました。