Download (PDF, 44KB)

チラシの通り、7月15日(土)に草笛学園主催の講演会があります。

三木先生は、昨年度も草笛学園講演会の講師として、福山に来られました。

また、その翌日には、他の団体が主催する研修会でも、とても素敵なお話しをされました。

養護学校の教員として長く勤められていたということもあり、発達障害のある幼児期から思春期、青年期までの方はもちろん、その後、就労し、成人期を迎えた方たちとの関わりなど、その実践は、幅広く多岐に渡っています。

とても気さくで、子どもたちを見つめるまなざしは、とても優しく、温かく、その実践もまた、聞いているだけで楽しくなって、心が惹きつけられます。

今回の演題は『幸せの予感』です。

どういう意味なのでしょう?

どんなお話しなのでしょう?

気になりませんか?

私は、とっても気になってるんです。

職員も、午後から研修があるので、今からとっても楽しみなのです(*^^*)

お話しの中には、気づきや学びがたくさんあると思います。

日々の悩みや不安にヒントをくれるかもしれません。

それだけではなく、三木先生の素敵なお人柄に触れることで、きっと、優しく、温かな気持ちになりますよ(^_-)

ぜひとも、足を運んでくださいね(*^^*)