暑い暑い一日でした。

一気に夏が来たのかしら?!!って思うほどでした。

というわけで、朝から砂場では水遊びが繰り広げられました。

とうとう、やってきたのでしょうか?どろんこの夏!

午後からは、年長さんがもうひと遊び。

今度は、水泥遊びではなくて、色水遊びです。

テーブルの上で、お茶を入れます。

かたやパンツ姿。濡れてもOK(^_-)-☆

かたやズボンにくつのフル装備。濡れないように、慎重に手を伸ばして…(それでも、ヤッテミタイのですよね(^_-)-☆)

IMG_2343 IMG_2346 IMG_2344

こちらは、色水屋さん。

「何色にしますか?」

その後ろで、なにやら手にぬりぬりしているものアリ?!

IMG_2348 IMG_2349

その手を水たまりに浸けて…

ワアッ!青になったね。

楽しみ方は、いろいろです。

IMG_2350

H君のもっている赤色の水と、Mちゃんのもっている青色を混ぜると…

「あっ、紫だ!」

子どもたちの興味をつくり出していきます。

IMG_2352

あっちでこっちで、ボトルに入れた色水を上手に注いでいきます。

みんな、なんのつもりで、どんなイメージで楽しんでいるのでしょうね?

「美味しそうなジュースだね」「くださいな。」

「まあ、色鮮やかなアイス。」「おいしそうね」

IMG_2355 IMG_2356

子どものイメージの世界に入り込んで、意味づけをするのが、大人の大切な役目です。

もしかしたら、子どもたちのイメージはぼんやりとしたものかもしれません。

ただただ、入れることが楽しいだけかもしれません。

でも、他者によって意味づけられることで、そうか…と気づくこともあるのです。

「ナルホド」「イイネ」なんて、思うことも、きっとあるのです。

人と関わり合って遊ぶからこその気づきであり、広がりなのです。

そうした関わりの中で、子どもたちの世界がじわ~っと広がっていく手ごたえが、私たちの喜びなのです(*^^*)

さあ、夏はまだまだこれからですよ(^0^)/

夏ならではの遊びを体いっぱいに満喫しましょうね(^_-)-☆