年長さんが植えた夏野菜の苗は、毎日の水やりとおひさまの栄養をたっぷりと吸い込んで、順調に育っています。

お当番さんは、日替わりで二人組。

どの子も、自分の植えた苗は、VIP待遇。あからさまにえこひいきしています(^^;)

ちゃぁんと、覚えているんですよね。感心します。

駐車場に出ると、迷わずじょうろを手に取って、水を入れます。

それから、慎重に水を運びます。

IMG_0295 IMG_0296

実は、これは、今日の2往復目。

真っ先にお水をあげたのは、自分の植えたオクラでした。

だから、今度はきゅうり。そして、とまと、なずびと、順にあげていきます。

それを見ていた子も・・・

IMG_0298

よっし!ぼくもと、お水を運びます。

大人が使う標準的なじょうろですから、扱いは難しいのですよ。

IMG_0299 IMG_0300

「ヨイショ」っと持ち直して、お水を上げます。大きくなあれ!

IMG_0301

駐車場奥のすいかにも水やりを済ませたら、じょうろを置いて、再び駐車場の奥へ。はて?

スッポン!おっと、玉ねぎを抜きました(すいかの隣にあります)。

先日抜いたのを覚えていたのですね(^^;)

IMG_0302

それなら、ぼくも。

スッポン!ヤッタ!(先に抜いた子は、待っているのでしょうか?)

IMG_0303 IMG_0304

そして、子どもたちがまっすぐに向かったのは・・・

給食室。

「はいはい、ありがとう。ごくろうさま。」

IMG_0306

水やりから、玉ねぎの収穫、そして、給食室まで。職員はただただ見守っていました(撮影しながら^^;)。

時に、ほめたり、共感したり。

何も指示をしなくても、促さなくても、子どもたちの気持ちは、ずっとつながっていました。

なぜならそこには、子どもたちなりの確かな見通しと楽しみがあるからです。

その見通しを支えるものは、興味と期待、そして、過去の経験から得た、喜びや楽しさ、おもしろさです。

それが、「自分でしたい心」「自分で決めたい心」の育ちへとつながっていくのです。

野菜と一緒に、大きくなあれ(^_-)-☆