あしび園では、毎年卒園されたお母さん方に来て頂いて、お話を聞く機会を設けています。

あしび園は、通い方が3パターンあるので、3日間違うお母さんに来て頂き話を聞かせて頂きました。これまでの子育てを振り返って、しんどかったことや大変だったこと、そんな中であしび園との出会いがあったこと。どの方も、あしび園に通い始めると、今より生活や子どもの様子が変わり楽になるのではないかと思っていたら、全く違っていたと言われていました。
 あしび園では、親が思い描く姿と目の前の子どもの姿は違うことも多く、よけいにしんどくなったり、焦ってしまうことも多いと話されていました。それでも、子どものためになるならと、必死で通い始められ、そこからお母さんやお父さんとの関係の中で、好きな遊びや好きな人…と好きなことがいっぱいの生活になって、少しずつ生活もしやすくなってきたと話されていました。でも、やっぱり大変だった…。
振り返ってみると、あしび園では、あそびを通して成長の大切な土台づくりをしていたんだと今なら思えます。だからこそ、今(あしび園での親子通園)を大切にしてくださいと、エールを送られていました。
 あしび時代は、可愛いと思えなかったけれど、今は、子どもが可愛くて仕方ないと声をそろえて言われていたことが印象的でした。長い道のりではあるけれども、子どもの気持ちが分かってくるようになって、親も変われた。親子でだんだんと成長してきたというお話をして下さいました。
 話を聞いた後日、お母さん方とのおしゃべり会では、お話を聞いてどうだったかを話題にしながら、みんなで共有し合いました。
お母さんからの感想の中に、「子育てには正解はない、正解かどうかは分かりませんが、最近子育てでの正解のようなものが、ほんのすこーーし分かった気もします。子どもが顔をクシャクシャにしながら笑っている屈託のない笑顔。無邪気な声。楽しそうな笑い声。そんな姿が見れる。そんな姿が将来みれるのであれば、この選択は間違いではなく正解なのでは?!と感じています。笑顔って、本当にすごいですよね!!」と書いてくださいました。
本当に、そうですよね。これからも、子どもたち、お母さんやお父さん、家族みんなの笑顔がいっぱいになれるよう、私たちにできることを見つけていきたいと改めて思いました。
 お話しして下さったお母さん方、ありがとうございました。