前回の続きで、平日クラスの園外活動の様子をご紹介します!
行先は、各クラスの子どもたちの様子に合わせて、どこなら楽しく遊べるかな?と検討して決めましたよ(^^)/

🌳緑町公園へ行きました!
よいお天気に恵まれましたが、この日は風が強く吹いていました。広い公園では、遊具で遊んだり、凧あげをしたり、バラの花壇を散策しました!バラの花は、いい香りがしましたよ🌹


お弁当を食べた後は、どんぐりを拾いに行きました。どんぐりバッグにあふれるほど、集めているお友だちもいましたよ(*^^)v


🚢港公園へ行きました!
この日は、2クラス合同で行きました。遊具が目に入ると、どの子も嬉しそうに走り出して行きました(^^)/おうちの人は追いかけるのも一苦労でしたね(;^_^)この公園には幅の広い滑り台があり、お友だちやお母さんと横に並んで何回も滑りましたよ!繰り返すうち、隣のお友だちと手をつないで滑る姿もありました。おうちの人も童心に帰って、いい顔されてましたよ(^_-)-☆


🦆春日池公園へ行きました!
広~い公園を探検気分で出発です!気が付けば、すっかり秋の風景ですね。親子でいいもの探ししながら、のんびり散策です♪

『がんばって~!』と、応援するようなお友だちのまなざしです(^^)こんな急斜面の坂道も、友だちと一緒だとがんばりたくなりますね(*^^)v

『どんぐりみつけたよ~!』自分がみつけたいい物を、報告しあっています。お友だちのと見比べたり、楽しい時間です(^^♪

おいしいお弁当をお外で食べて、親子で楽しい、クラスみんなで楽しい園外活動となりました!

今回の園外活動では、保護者の方から“コロナ禍で、なかなか外出できなかったから嬉しかったです!”、“親子だけで公園に来ても遊びが続かないけど、みんなと一緒だと楽しく遊べました!”、“慣れない場所だと不安が強くて、すぐに帰りたがるけど、あしび園のお友だちやお母さんと一緒だと大丈夫でした!”という嬉しい報告を聞かせてもらいました。あしび園の仲間が、支えになっているのを感じる嬉しい報告でした(*^^*)


🦊あしび日和🦊

2018年に発行された「療育って何?」という本の中に、あしび園の実践を載せて頂いていますが、その中の、卒園されたお母さんのお話を聞いての感想を紹介します。

『今日は卒園時のお母さんの貴重なお話が聞けて、とても元気をもらえました。共感できることもたくさんあり、「悩んでいるのは私だけじゃないんだ!」とホットしました。卒園児のお母さんのお話しを聞きながら、あしび園に通い始めた頃のことを思い出しました。あしび園に通うことに私自身納得できていない部分があるまま、あしび園の生活が始まり、子どもが「楽しい」というから“私も頑張って行かなきゃ!”という思いで通っていました。あしび園に通っていることは、周囲には内緒にしていました。最初の頃は、通うことがすごく辛かったことを思い出しました。
卒園児のお母さんが、「あしび園には同じような悩みを抱えたお母さんばかり」と言われていました。私は、このことに最近やっと気づきました。私の話すことに、こんなにも共感してもらえるんだ…と心強く思うことが沢山あります。(略)子どもにとってはもちろんですが、私にとってもあしび園は大切な場所になりました。卒園児のお母さんのお話を聞いて、あしび園に通えたこと、いろんな人と出会えたことに改めて感謝しないといけないなぁと思いました。』

人は、沢山の出会いがあります。その出会いの中に、自分の事を分かってもらえる存在の人との出会いはきっとあると思います。居心地のいい場所、いろんなことを話せる関係、自分らしさが出せる関係、自分の事が好きになること…きっと、沢山の出会いの中で、そう感じることができると、きっと子どもも同じように感じることが出来るのでしょうね。その一つの出会いがあしび園だとしたら、私もあしび園との出会いに感謝したいです。(園長)



また、次回をお楽しみに!!