7月4日に一足早く、学園では七夕会を実施しました。

今年はコロナウイルスの影響で全員一緒に楽しむことは出来ませんでしたが、各棟で七夕会をそれぞれ楽しみました。

 

朝から子ども達は甚兵衛や浴衣を着て、おしゃれを楽しみ、七夕会の雰囲気を一気に明るくしてくれました。

「好きな芸能人に会えますように…。」「みんなと仲良く過ごせますように…。」などいろいろな願いを込めて、それぞれ笹に短冊をつるしていました。

 

その後は、みんな楽しみにしていたお昼ごはん。

しかしこの日は雨。しかし、子ども達にはそんなこと関係ありません。

外にテントを張り流しそうめんにフランクフルト・かき氷などお腹いっぱいになるまで口をモグモグ。中には帯をきつく結びすぎて、お腹が苦しくなる子どもも…。

 

夜には花火を行う予定でしたが、天候がすぐれず断念。これは夏休みのお楽しみにということで。

 

七夕会も子ども達にとって1年に1度の大切な行事です。

今年はあいにくの雨でしたが、笹に飾ったみんなの願い事が叶いますように…。

 

七夕