11月23日は勤労感謝の日。草笛にとっては、毎年、くさぶえっ子まつりの日でもあります。

わりとこの日は、天気がいいんですね。今年も、少々、空気は冷たくもありますが、とてもいい天気です。

昨年と、今年と、コロナの影響で、このくさぶえっ子まつりは中止となりました。

代わって、オンラインによる同窓会を行いました。

小学校1年生から、高校2年生までの20組の参加がありました。

卒園して一年たたない子どもたちでさえ、ずいぶんと成長したなぁと感じる姿やお話がありました。

15,6歳の子となると、なおさら、成長に驚かされます。

“学校が好きなんだぁ”、“大好きな友だちができたんだなぁ”、“そんなことが得意になったんだなぁ”と、もっともっと、聞いてみたい気持ちになりました。子どもたちにとって、それぞれに、楽しみや居場所を持ち、自分らしさを確立していっているんだなぁと、生きている積み重ねを感じました。

先日、卒園児がニュースの特集に取り上げられていました。

障害があることへの不安、見えない不安、それでも、その子にとって、可能な限りの支えの中で、楽しみや生きがいをもって生きれるように!家族手を取り合っている様子が随所にみられ、私自身が勇気をいただきました。

今日の同窓会でも、子どもたちの今、そして、未来に向けて、楽しみや手応えを持ちながら、生きていける希望を感じましたし、そんな社会をつくっていくために力をそそぎたいと思う一日でした。

来年こそは、お会いできることを楽しみにしています。