先日、4月生まれのお誕生日会がありました。

朝の会を終えると、遊戯室に集まります。

よくよく考えると…今年度は入園式も始業式も別々に行ったので、新入園児さんを含めてみんなで一堂に会したのは、これが初めてでした。

在園児さんの多くは、♪タンタンタンタン誕生日~と聞くと、積み重ねの中でなんとなくイメージできることも多くなっていますが、新入園児さんたちにとっては初めてだらけ。“何が始まるんだろう…”と、きっとドキドキしていたと思います。

新入園児さんの中にも4月生まれのお友だちが3人いたので、さらに“ナニゴト!?”だったことでしょう。

それでも、おうたを歌ってもらったり、プレゼントの絵本をお友だちからもらったり、ドキドキの中でも、うれしいな♪楽しいな♪と少しでも感じてもらえていたらいいなと思います。

コロナ禍…ということで、ケーキとろうそくは本物ではないのですが、ふーっと吹き消そうとしたり、飾りのイチゴやローソクに興味津々だったり、とってもかわいかったです。(給食ではおいしいイチゴのケーキをみんなでたべましたので、ご安心を…!)

そのあとは、みんなではらぺこあおむしの大きなパネルシアターを見ました。

ドキドキして遊戯室には入れなくても、ドアの小窓から熱い視線を送ったり、

 

廊下で先生と一緒に見たり、

それぞれ“これなら大丈夫!”を見つけながら過ごした、4月のお誕生日会でした。

ひとつ大きくなった子どもたち。素敵な1年になりますように☆

おたんじょうび おめでとう!!